Blog

「アメリカへのコロナウイルス長期障害の脅威が現実のものになってきた」という内容の報告

  • Posted by: オフ
  • 未分類

一昨日、新型コロナウイルス感染症の後遺症というか長期障害に関して少し書いたけれど、その手の情報は続々と出てきている感じだ(日本ではあまりというかほとんど報道されないようだけれど)。

最近、またアンテナを張り巡らせるようにしているのだが、次のような情報がひっかかってきた

アメリカで発信されたもので、「アメリカへのコロナウイルス長期障害の脅威が現実のものになってきた」というようなもので、そこに示されている問題点は、4月時点で約1370万人が長期障害を負っていて女性の罹患率が高い、1年以内に回復する人は22%にすぎない、子供も罹患し発達に影響を及ぼす、1型糖尿病の率が上がる、等々。

一方で、記事には、長期のコロナ患者にどのような薬や他の治療法が役立つかに関するデータは蓄積されつつあるというポジティブな内容も見られる。とはいえ、現段階で新型コロナウイルス感染症をもう終わったもののごとくとらえるのは、やはり問題があるのでは?と思っている。

僕が新型コロナウイルス対策をゆるめない理由

  • Posted by: オフ
  • 未分類

すでに書いた通り、僕はいまだに新型コロナ感染症対策はかなり厳密にやっている。

5類になってもウイルスが変わるわけではなく、この冬のある1ヶ月に3000人もの死者を出しているし、わけのわからない後遺症(長期障害)もあるから。

応援しているコンサドーレに、シーズン前「風邪をひいて39度も熱を出しちゃいましたよ」とか無邪気なことを言っていた選手がいたが、その選手、今シーズン、さっぱりパフォーマンスがあがらない。39度の発熱、新型コロナウイルス感染症であった可能性も高いだろう。この感染症、体のさまざまな部分に悪さをすることが判明しており、当該選手の低パフォーマンスはもしかして、という気もしないでもない。

ところで、NCBI(アメリカ国立生物工学情報センター)の情報よると、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染後のポストコロナウイルス症候群に関する関心から、航空機乗務員について調査した結果、4.2%がそのポストコロナウイルス症候群を呈していたとか。グーグル翻訳が不正確かもしれないので厳密なところは何ともいえないが、現状、無視できる状態かというと、そうとも言い切れないというものだと思う。

新型コロナ感染症に感染した後に発生する様々な問題については沢山の報告・研究があり、上述のものはその一例にすぎない。

新型コロナ感染症に関しては、これがどういうものかということが完全には明確になっていないなか、もう付き合ってられない、ないものとして行動しようというのが世界的潮流のようだ。それでも例えばアメリカなどのように、積極的に検査して、陽性の場合、抗ウイルス薬の投薬で対処という方法がとられている国もある。対して、日本では政府は無対応(検査・治療に対する公的な支援はなくなった)だし、コロナウイルスという言葉すら禁句になっているようだ。新型コロナウイルスの現状について積極的に情報を得ようとする人以外にとっては、もうないことになっている。

10年後に、あの時の対応はまずかったとなるかならないかはわからないのだが、その時の答え合わせのため、また、自分自身が世の中の動きに流されないため、気に留めてつつ書き留めておこうと思う。

京都でサイクリング

先月末、4月の桜の時期に続いて、母の写真とともに京都を訪れた。

4月に訪れた時は大雨のため、生前母を連れていきたいと思っていた場所に行くことは諦めて帰ってきたのだが、やっぱり行きたいと思い2か月たたないうちの京都再訪となった。

母を伴っての京都旅行の計画には色々と制約があった。

脚力が弱っていたので移動はすべてタクシーを利用するのは当然として、タクシーを降りた後、長い距離を歩くのは困難で、また、距離は短くても急な石段を上り下りすることも困難。できれば車椅子で動くことが出来る場所がよいが、そういう寺社は少ない。また、名所・旧蹟を見るのか観光客を見るのかわからないようなラッシュ状態の場所は避けたい。

そういう条件を考えたとき、自分の頭のなかに浮かんできたのは真如堂。春の桜はそこそこ美しく、秋は紅葉が素晴らしい。ここ10年くらいは京都の一層の観光化のなかで、そいう季節はけっこう観光客が多くなっているようだが、嵐山・嵯峨野とか清水寺界隈のようなラッシュ状態にはならないはず。境内はそんなに広くはなく、ところどころに座って休むことが出来る場所があるので母と一緒に行くには良い場所だと思っていた。

実は4月に京都を訪れた時に、亡くなった母の写真とともに行こうと思っていたのは、その真如堂である。

紅葉が綺麗な場所は青もみじも美しい。ということで、真如堂で青もみじを見るたtめに京都へ出かけた。

しかし、天気がよくないと綺麗な青もみじは見られない。なので、週間予報でほぼ間違いなく晴れるとわかった段階で出かける日を決めた。

直前だと航空券は高いものしかないが、そういうときに役に立つのが株主割引券。

新宿の金券ショップは激戦のためか、株主割引券がかなり安くなっており、常に一定の枚数確保してあるので、それを利用。

現在は実家の維持・管理のため基本札幌にいるので、新千歳から出かけることになる。新千歳-伊丹空港・関西空港の便に使われている機材は小さいので座席数は少なく、多くの客にとって便利だと思われる新千歳-伊丹便は直前だとあまり空席がない。ただ、新千歳-関空便はけっこう空いていることがことがあり、なおかつ、新千歳-大阪便は基本観光客用の路線なので観光時間が確保しにくい時間帯の便はより空いていることが多い。

しかし、新千歳から大阪へ行く便は適当な便の空席は少なく(あっても3列席の真ん中とか)、新千歳から羽田に飛び、羽田から伊丹行きに乗り継ぐことにした。札幌-東京便もどちらかといえば北海道へ来る観光客の利用が中心の路線なので朝早い羽田行きは空いている。そして、ビジネス客の多い羽田-伊丹便は、仕事で急に利用することになった場合でもすぐに席が確保できるようにという配慮からなのか割と席に余裕がある状態で飛ばしている(新幹線との競争上そうなっているのか?)。

5月29日、関西は快晴。伊丹空港の到着口から出る前に、羽田の乗り継ぎの際に買っておいたおにぎりをかじってから空港を出た。

烏丸で阪急電車を降り、四条烏丸近くのレンタサイクルショップで自転車を借りて真如堂へ向かった。

202405下賀茂神社

自転車は18時には返却しなければならないが、時間に余裕があったので真如堂に行く前に下賀茂神社に行った。意外と観光客が少なかった。

202405真如堂01

真如堂の駐車場にてこの日の足となった自転車を撮っておく(帰りがけに撮影)。

奥にかすかに見える屋根が本堂。御覧の通り、境内はそれほど広くはなく、車を降りた後歩く距離も長くはないし、車椅子を使うことは難しいが起伏はあまりなく、足が弱くなった人でもなんとかなる感じ。

202405真如堂02

木々の多くは楓で、本堂の前には桜もあり。右上に飛び出て見えるのは三重塔。

インバウンド客でごったがえしている有名どころの寺社とは異なり静か。

202405真如堂03

奥の建物は三重塔。

202405真如堂04

上も真如堂の境内。京都のあちこちのお寺には市中の各地にあったお地蔵様が集められているところがあるようだが、ここもそうなのだろうか? 

202405真如堂05

真如堂本堂の裏手。木はほとんど楓。

これで目的は達したので観光終了を終了し、早目の夕食。ちなみに、自分は母と一緒にいたときと変わらずかなり厳しめの感染対策を継続しており、飲食店の利用は屋外もしくは客の極めて少ない時間帯と決めている(家にいるときは基本外食はしない)。また、ラッシュ時には電車などには乗らないし(どうしても移動しなければならないときはタクシー、東京ではシェアサイクルも利用)、飛行機も空いている便を選んで利用している。

5月30日、最近恒例になっている早朝散歩に出た。

202405鴨川

前々日から前日朝にかけての大雨のため増水した鴨川。近年、京都に泊るときは早朝に鴨川を渡って、八坂神社や清水寺方面に散歩するため、四条河原町に泊ることが多いのだが、この日は、八坂神社や清水寺までは行かず、建仁寺まで歩くのにとどめた。

202405祇園

上の写真は建仁寺に向かう道から北方向(祇園)を見たところ。昼間はインバウンド観光客でごったがえす場所だが、早朝はこんな感じ。

202405建仁寺

上は建仁寺境内。

202405高瀬川

上は高瀬川とサギ(?)。小魚をとるところを見ることができた。

さて、自分の中で京都は気合を入れて何日も歩く場所ではなく、ちょっと散歩したいだけの場所になっており、そんなに観光意欲は湧かないが、飛行機は午後なので(関西から北海道観光に行く人で積極的に午後の便を使う人は少ないので空いている)、ちょっとどこかに行く時間はある。

人の多い場所は嫌なので、空いているだろう場所にあたりをつけてホテルを後にした。

202405万福寺01

行った場所は万福寺。

202405万福寺02

上は斎堂(食堂)前の回廊に吊されている魚梆(ぎょほう)という時を報ずるための魚板。

JRの黄檗駅から奈良まで行き、昼食をとってから(うまい具合に屋外で食べられる場所を見つけられた)、さらにJRで関西空港まで移動して新千歳行きの便に搭乗した。

墓参りサイクリング

202406自転車で墓参り

今日は天気もよく風も弱めだったので、父方の祖父母、父母が眠る墓のある里塚霊園へ自転車で行ってきた。

グーグルマップが提示したルートを使うと実家からの距離は17km(片道)。

しかし、グーグルマップの提示には従わず、車の通行量が少な目な道、幅の広い道を選び、また、旧千歳線の跡地を利用した人と自転車のための道も使いながら行ったので、たぶんグーグルマップが提示したルートよりは少し長かったと思う。

まだ、自転車で長距離を走る体にはなっていないので(今後もそういう体にはならないと思う)、ちょっと疲労感があるが、もう次はどこへ行こうかと考えている。山に隣接する方面は登り坂という問題もあるが、クマというもっと大きな問題もあるので、そんなに沢山選択肢があるわけではないというのが悩ましいところ。

古い自転車

古い自転車01.jpg

写真の自転車は現在はあまり見かけないタイプだと思う(豊平川を渡る橋の上で撮影)。

パッと見はロードバイク。しかし、泥よけだけではなく荷台までついている。

これは最近知ったのだが、ランドナーというカテゴリーの自転車だそう。

昔はドロップ・ハンドルのスポーツ車とか呼んでいた。

買ったのはたぶん1985年で通学プラスアルファで使用。

購入からほぼ40年を経過しており、その間、ちょこちょこと整備はしていたが、色々と修理しなければ安心しては乗れない状態だった。

実家のある札幌ではずいぶん前から20インチの折りたたみ自転車に乗っているが、札幌で買った写真の自転車を札幌に戻して最後の活躍場所を与えたいと思った。

札幌に送ってから修理に出すか、それとも東京で修理してから札幌に送るか。

ネットで修理にも力を入れているっぽい自転車屋を探すと、東京の方が見つけやすかった。

それなりのこだわりを持った個人が営業している自転車屋さんで、東京の自宅からそれほど遠くないところで直してもらうことにした。

パッと見て、前後のタイヤとタイヤチューブの交換、ヘッド部分(前輪とハンドルをつないでいる部分)の点検・整備、ブレーキの調整・ブレーキシューの交換、変速機の調整とワイヤー交換などが必要であろうということだった。

それらに加えて、ダメになっていたサドルとライトも交換。

全部で3万円強かかった。

さて、それを札幌に送ったのだが、解体してコンパクトに梱包して送るというのは素人には困難なので、結局、ヤマトホームコンビニエンスのらくらく家財宅配便を利用することにした。こちらは3万円弱。

修理費・送料の合計で約6万。少し足せば、自転車の通販サイトで安いロードバイクが買える金額で、合理的なお金の使い方ではないのかもしれない。しかし、僕にとっては、学生時代に札幌で買った自転車に札幌で乗るということの方が重要だった。

東京では車道が狭すぎおっかなくて乗る気を無くしていたのだけれど、札幌は車の通行量が少ない道、幅が広く車に追い越されるときの恐怖心が少ない道がけっこうあるので、天気の良い日はあちこちに出かけたいと思う。

『にっぽん縦断こころ旅』と母

  • Posted by: オフ
  • 未分類

NHK・BSに『にっぽん縦断こころ旅』という番組がある。

俳優の火野正平さんが、視聴者から寄せられた、その思い出の地などをつづった手紙をもとに日本各地を自転車で訪れるという番組である。

今年(2024年春)からはNHK・BSがBSとBSプレミアムからBSとBS4Kとに変更され、放送時間なども少し変わったが、僕がこの番組を続けて見始めた2020年には、BSプレミアムで朝7時45分からの15分の朝版と午後7時からの30分の「とうちゃこ」が放送されていた。

母は昔からの習慣で夕方から夜にかけてはNHKの地上波を流しっぱなしにしていたのだが、ただの習慣で、あまり真剣に見ている風でもなかった。そんなわけで僕は、NHKの7時のニュースの政府広報っぽさに拍車がかかってきていたこともあり、何となくBSプレミアムにチャンネルを合わせ、この番組を見始めた。

自転車であちこちを訪ねるという形の旅番組が母の目には新鮮に映ったのか、興味深くみてくれていた。

ところで、夜の放送が「とうちゃこ」というのは、正平さんが、「到着」のことを「とうちゃこ」と言うので、そのように呼ばれているらしかった(この番組は2011年から放送されているが、最初からそうだったのかどうかはわからない)。

2021年の夏のことだったと思う。東京の家の様子を見に行ったとき(郵便受けがあふれていないかとか排水口のたまり水が蒸発して下水のにおいが部屋にあがってきていないかとか)、いつもの通り実家に電話をかけて、食事のことを確認した(その後東京へ日帰りで行くことが多くなったがこの時は東京で1泊した)。

母の認知力はかなり低下していて、電話を切ってすぐにその内容がわからなくなる恐れがあったので、携帯に電話して、それを持って冷蔵庫まで行って中に入れておいたおかずなどを確認するように言った。

「ちょっと待ってね、今冷蔵庫のところに行くから」

「とうちゃこ」

電話口の母がこの一言を発した。

今話したことも思い出せない状態だった母がテレビで聞いた言葉を発したのは驚きであった。

認知症では記憶のインプットはできているのだがアウトプットができない、ということを何かで目にしたことがあるが、母の頭には「とうちゃこ」という言葉がちゃんとインプットされていたのだ(やはりこの番組を気に入って見ていたのだと思った)。

そういえば、ほかにも強い印象を受けたと思われることは、何かの拍子に思い出すことがあったなあと思う。

そのような母との思い出のある番組だが、火野正平さんの持病の腰痛が悪化したため、この春の旅が中止されてしまった(春と秋に旅をするというパターンの番組)。

火野さんもけっこうなご年齢なので、とても心配だ。

火野さんの腰の具合がよくなって、思い出深いこの番組が少しでも長く続くことを祈っている。

身近にある桜

  • Posted by: オフ

長年、札幌と東京を行ったり来たりする生活をしているが、ここ何年も札幌にいる日の方が圧倒的に多い。

桜のシーズンになると、東京の花も見たくなるが、開花時期が一定しないので、なかなか満開の時期と東京行きの時期を一致させることができない。

2024東京の桜

上は東京の自分のランニングコースから少し外れたところにある桜。昨今の開花時期から考えて、3月末くらいに一度上京のスケジュールを組んだが、開花が遅れ予定を見直し。しかし、見に行けた時期には上の写真のような状態に(割と見事な桜並木なのだけれどほとんどが葉桜になってしまったなか、先遅れ気味の木があった)。散った花びらを強調する写真を撮ってみた。

2024札幌の桜

上は実家の桜。山桜なので葉っぱがかなり多い(この写真ではわかりにくいが)。

けっこう早く満開になったので、今はほぼ葉桜状態。

2024札幌の桜とヒヨドリ(?)

わかりにくいかもしれないが、中央下部に野鳥が映っている。たぶんヒヨドリだと思うけれど、花を嘴で突っついている。蜜を吸っているのだろうか。

2024札幌の桜とスズメ

花に埋もれてしまい、これもわかりにくいかもしれないが、画面中央にスズメが映っている。

スズメもヒヨドリと同様に嘴で花を突っつくのだけれど、花の根もとのあたりをついばんで、花を枝からはずしてしまう。花をくわえている場面はうまく撮れなかったが、その花は食べるわけではなく、下に落としてしまう。いったい何をしているのだろうか。ヒヨドリとは異なる方法で蜜を吸っているのか?

桜の花が散るときは、花がバラバラになって散ると思うのだが、満開になったばかりなのに花が落ちており、花びらがバラバラになっているのではなく、花の形を残したまま落ちているのはスズメの仕業だったのか。

Index of all entries

Blog

Search

Feeds

Return to page top