Blog

東京オリンピック、パラリンピックの中止を求めます

  • Posted by: オフ
  • 政治

せっかくブログがあるのに、何も記事を書かずに6か月以上が過ぎてしまいました。

記事を重ねていくとそれらは多くの記事の中に埋もれて行ってしまい、カテゴリー分けやタグづけをよほどきっちりしておかないと、後から振り返ることは至難の業になるので、ブログという形態はどうも好きになれないです。

ということで、ホームページからブログを削除してもいいかなとも思っていましたが、東京オリパラの件については、反対の意思を明確にしておかないと、後から後悔すると思い書き留めておくことにしました。

まったく、人の命と健康に無関心な政府だ。

オリパラの開催で新型コロナウィルス感染症の拡大のリスクが増大することはあっても減ることはないのに、なぜ強行突破をはかるのだろうか?

まあ、開催によってよいことがある人、団体などがあるのだろう。。。

国民の間にある中止の議論は一顧だにせず、有観客を前提にする、まったく信じられない。

本当に民主主義の国なのか、日本は?

Jリーグに所属する北海道コンサドーレ札幌のサポとしても一言。

Jリーグで観客を入れているがクラスターは発生していないから大丈夫?

Jリーグはファン、サポーターにとっては日常、オリパラは非日常。

日常である前者と非日常の後者とでは、観客の浮かれ具合が雲泥の差で、前者はスタジアムへ直行、スタジアムから直帰という人が多いし、自分もあまりスタジアムには行けていないのだが、行った時は直行・直帰かつ帰りは混雑を避けるため遠回りをしたりしている。後者において、政府(組織委員会?)は直行・直帰をお願いしているが、どうなるか? 実はJリーグでも一部のファン・サポーターは試合後、まっすぐ帰らず寄道をしているようだから、非日常の祭典となる五輪でどうなるかは、何となく見える。

また、Jリーグなどではクラスターは発生していないというが、感染者から1m以内、マスクなし、15分以上という濃厚接触者の定義があり、おそらく感染者からの聞き取りの際、その人がどこかのスタジアムで観戦していたとしても、「スタジアムではほとんどの時間マスクをしていました」と答えた瞬間、それ以上の追跡調査は行われず、他の場所での濃厚接触者も存在しなければ感染経路不明とされるのだろうから、本当にスタジアム内でクラスターの発生はないと言えるのかどうかという疑問はずっと持っている。どういう追跡調査をしているのかわからないのであくまで疑問というだけだが、Jリーグを観戦に行ったとき、飲食で長時間アゴマスク、おまけに同行者と会話という客をけっこうみており、完全に安全な空間だとはいえないと思う。感染力の強いδ株の流行が予想されるこれからは特に。

オリンピックでも濃厚接触者の定義というものによって感染者の追跡調査を行うのであろうから、五輪中、五輪後に感染が拡大しても、五輪のスタジアムにおける観戦拡大のエビデンスはないという責任逃れがなされるのだろう。

そして、人々の気が緩んで適切な感染対策が行われなかったからと言い訳するのだろう。

水際対策のザルぶりも明らかになっている。入国時の検疫で、まず実施するのが感度が低い抗原検査なのか? さっそく、某国選手団の一人が検査で陽性となったが、抗原検査でひっかかりPCR検査で陽性となったという。抗原検査でひっかからなかった人たちは、検査の感度から低さによるもので、実は感染者であったということはありうるのである。

これから選手・役員、IOC関係者、マスコミ、どんどん入国者は増える。全員がワクチンを接種しているわけではないし、ワクチンも完全ではない。世界中の変異株が日本にどんどん入り込んで、五輪を機により強力な変異株が生まれるという可能性もあるのではないか?

政府は中止を求める人たちが諦めるのを狙っているのだろう。そして、開催すれば一定数の人間は必ず盛り上がるので、大会は成功したと宣伝するだろう。そして、もし感染が拡大しても、上に書いたように、五輪による感染拡大のエビデンスは認められないとか、δ株の感染力が想定以上だったとか、国民の気持ちが予想以上に緩んでしまったといって、責任を認めないのだろう。

しかし、選手村で感染者が発生してしまったらどうするのだろう? 水際対策のザルっぷりは、そうした危惧を抱かせる。

繰り返しになるが、人々の命や健康にかかわる問題である。東京オリパラ開催を黙認することは、これによって感染者が増えて死者が増えてもかまわないという態度をとるのと同じなのである。

あけましておめでとうございます

貴陽ー昆明間の車窓、菜の花

あけましておめでとうございます

今年も海外へは行けないと思いますが、過去の旅行の記録を少しずつ作成していくことによって旅行気分を味わいたい(思い返したい)と思います。

まだまだネタは沢山残っているので、1週に1ページくらいのペースだと2021年では終わらないのではと思います(コンサドーレ応援遠征がらみのみならず純粋な国内ネタもそこそこ残ってますし)。

ちなみに海外旅行の記録で未アップのものは以下の通りです(漏れているものがあるかもしれません)。

1.1986夏、中国

2.1987春、中国

3.1988秋、ギリシャ・トルコ(旧ページのコンテンツ)

4.1991春、フランス・モロッコ・スペイン

5.1992夏、インド(旧ページのコンテンツ)

6.1997春、カンボジア・ベトナム・香港

7.1994秋、中国

8.1996夏、イラン・トルコ(旧ページのコンテンツ)

9.2000春、メキシコ・グアテマラ(旧ページのコンテンツ)

10.2000夏、ペルー(旧ページのコンテンツ)

11.2001夏、イタリア・チュニジア

12.2002春、イタリア・クロアチア・ギリシャ・トルコ(旧ページのコンテンツ)

13.2003春、モロッコ(旧ページのコンテンツ)

14.2004夏、トルコ・ギリシャ(旧ページのコンテンツ)

15.2005夏、イタリア・チュニジア(旧ページのコンテンツ)

16.2008夏、モロッコ・スペイン・フランスの未完部分

17.2011春、イタリア

18.2012春、イタリア

19.2013春、トルコ

20.2014春、イタリア

この記事を書こうと思って改めて調べてみると、かなり膨大な分量にのぼることがわかりました。

今年中に終わることができるのか? 終わることができない方がよいのかもしれません、現在のパンデミックの状況を考えると。

旧ページのコンテンツの焼き直しにしても、写真のスキャンのやり直しという作業があるのでけっこう時間がかかりそうです。

以前にも書いたと思いますが、まだブロードバンドが十分に普及する以前に作成したページの写真はファイルサイズを小さくしていたため画質がかなり悪いです(昔のページは基本プリントをスキャンして、あまり加工せずにアップ)。

せっかくページを作り直すのだから解像度を上げてフィルムをスキャンしようと思いますが、フィルムの変色・退色がひどく、けっこう修正に時間がかかります(最近アップした古い旅行記作成の経験から)。

フィルムの変色・退色がひどすぎる場合はプリントのスキャンも行いますが、ある時期から使っていたコニカの100年プリント(100年色あせないとかいうやつ)にもけっこう変色しているものがあり、スキャン後の修正がかなり必要です。

※話はちょっとそれますが、フィルムにせよ、プリントにせよ、現像所の処理の丁寧さによって劣化の度合いに随分と差がでるように思います。

何かとりとめのない内容なってきましたが、今年も少しずつ旅行記をアップしていきますという宣言でした。

ところで、冒頭の写真は1987年春に中国を旅した時に貴陽から昆明へ向かう列車から撮ったものです。

日本学術会議会員任命拒否問題について、やっぱり一言書いておくことにした

  • Posted by: オフ
  • 政治

菅内閣総理大臣による日本学術会議の会員任命拒否の問題は、直接的には我々一人ひとりの生活には直接にはかかわっていない。


それゆえ、この問題を深刻に受け止める国民は少ないように思う。折からのアメリカ大統領選挙に関わる報道もあって、この問題は埋没している感もある。

実際、11月8日に毎日新聞で報じられた世論調査の結果では、学術会議会員拒否を問題ありとした人が37%だったのに対し、問題なしとしたのは44%だった。

しかし、法治国家存続の危機と感じなければならない問題だと思う(もう十分安倍政権下で「日本は本当に法治国家? 法の支配が行き届いているの?」という感じになっているが)。上記、世論調査の結果は「大丈夫か? 日本」という感じだ。

日本学術会議の会員は日本学術会議法で学術会議の推薦に基づいて内閣総理大臣が任命することになっている。そして、その推薦基準は同法によると「優れた研究又は業績がある科学者」というものだけ。

しかし、政権は「一部の大学に偏っている」など法律にない基準を勝手に持ち出して自らの任命拒否を正当化しようとしている。


また、学術会議会員の選出方法を変更した1983年に法改正の国会審議における政府答弁では会員の任命は形式的なものだという説明がなされている(学術会議法には「形式的」の文字はないが、国権の最高機関で唯一の立法機関である国会で、そのように解釈するということで法律が制定されているのだ)。にもかかわらず、これを無視して、推薦された人物を必ず任命しなければならないというわけではないとか、もう無茶苦茶だ。

法に示された意外の基準を持ち出し、立法過程における国会審議で明確にされた解釈も変更するというのは法治主義破壊以外の何物でもないと思う。(そもそも新たに持ち出した基準をめぐる主張そのものが事実に反することが明らかになっている-学術会議が会員構成の多様化を確保する取り組みを行い成果をあげている)。

時の政権の都合で法律に書いていないこと、法律の解釈を曲げて政策を行ってよいなどということは断じてなく、こんなことを許していると取返しのつかないことになってしまうと個人的にはとても憂慮している。

この問題では、政権の政策に対して批判していた学者(特に公の場で)に狙いを定めて任命を拒否したのではないかと多くの人が感じていたのではないかと思うが、学者の言動・思想を理由に任命を拒否したなどとは国会で答弁するわけにはいかないので、苦し紛れに何だかんだと理由づけしていたのだろうが、11月8日に共同通信が配信した記事によりそうした推測が限りなく正しかったのだということがわかってきた。どんな記事かというと、その見出しには「官邸、反政府運動を懸念し6人任命拒否」とあったのだ(複数の政府関係者が明らかにしたということで、誰の発言かは伏せられている)。

ただ、この見出しの記事はその後削除され、更新された記事では「官邸、『反政府先導』懸念し拒否」となった(『反政府先導』に鍵カッコがつけられたのは「反政府」と言っているのは官邸であり、共同通信としての見解を見出しにしたものではないということを示すためと思われるが、どうなのか? 

しかし、政府の個別の政策に批判を加えただけで、反対の姿勢を示しただけで「反政府」とは! もしそうだとしたら、「政権批判は一切まかりならぬ、我々のやることに異論を唱えず従え」と言っているのと同じだ。ため息が出てしまうが、この状態に慣らされてしまったら終わりだと思う。ということで、やはり一言(では済まなかったけれど)書き記しておくことにした。

HP-古い旅ばかりではなく比較的最近の旅の記録も更新しようかと思う

201808島原武家屋敷

札幌はすっかり秋という感じで、朝晩は空気がひんやりしている。

おととい北大構内を走ったが、涼しいので真夏よりも走った後の疲労が少なかった。

ところで、この連休、各地の観光地は観光客でにぎわっているらしいが、北大構内でもかなりの数の観光客を見かけた。

ニュースなどでは新型コロナウィルス感染拡大防止に注意しているという観光客の様子が強調されて報道されているが、やはり観光客のなかには気が緩んでいる人たちも多いようで、クラーク像の前では他の観光客に写真を撮ってもらっているグループを見かけた。他人のスマホやカメラに触る、他人に自分のスマホやカメラを触らせるという行為は避けるべきものとされていると思うのだが。

ところで表題の件。

ホームページでは、ここのところ90年代半ばの旅の記録の更新をしているが、メモはあるものの記述があっさりしすぎており、もちろん忘れていることがとても多い。写真も、どこで撮ったのかさえわからなくなっているものがあって、web上にある多くの旅行記を見て「そうか、ここだったのか」と確認することも多い。ということで、写真のスキャン作業もあって更新作業にはけっこう時間がかかる。

そんな感じで古い旅の記録をまとめているうちに、比較的近い過去の旅のことをどんどん忘却していきそうなので、できるだけ古いものから順番にという更新の方針を改めて、2010年代の旅の記録も並行して作っていこうかと思っている。

2010年代の海外旅行で旅行記をまだ作っていないのは、イタリア2回、トルコ1回、シンガポール・マレーシア1回の計4回の旅なので、来月くらいにはそのうちのどれかから旅行記をアップし始められればと思っている

それからコンサドーレの試合応援・観戦のついでに国内各地に行っているが、それについてはメモなどはとっていないので、できるだけ早目に記録をまとめておかねばと思い、国内旅行のページも少しずつ更新することにした(前も書いたように個人的思い出し用という意味合いが強いのだけれど)。ということで、今日は2年前(2018年)の夏にV.ファーレン長崎戦を見に行った際の旅行記のようなものをアップした。

冒頭の写真はその旅行の際、島原の武家屋敷が並ぶ通りで撮ったもの。

中心性漿液性脈絡網膜症が再発

  • Posted by: オフ
  • 未分類

割とはっきり覚えているのだけれど、2007年9月、突然右目に異変が起きた。

どんな状態だったかというと、白い石鹸を泡だてて手にとったはずなのに、黒っぽく見えるところがあったのだ。それから、何となく物もみえにくかった。

個人経営の眼科に行くと中心性漿液性脈絡網膜症ではないかといわれ、詳しく見てもらいようにと総合病院を紹介してくれた。

精密な検査を受けるとやはり中心性漿液性脈絡網膜症だった。

この病気は網膜の下から水がもれ出てきて黄斑部に水がたまる病気で、軽い網膜剥離を引き起こすもので、30歳~50歳代の働き盛りの男性に多く見られ、ほとんどの方が片眼だけに起こるとのことだった。

過労、ストレスが原因と言われるが原因ははっきりしないとのこと。

当時、ストレスとかに思い当たる節はなくはなかったが、個人的には紫外線の影響かもと感じている。

その夏イエメン旅行に行ったのだが、首都サナアなどは高地にあり紫外線も強い。サングラスなどというものは使っていなかったので、目にかかる負担は相当なものだったのではと思うのだ。

多くは自然治癒するとのことだが、ひどくなりそうな場合は造影剤を入れて、水の漏れている場所を特定しレーザー治療をする場合も多い。

自分を見てくれた医者はレーザー治療をすすめてくれたが、アレルギーチェックをした所、造影剤が使用できないことが判明して、経過を見るしかないということになった。

幸い漏れ出た水は引いて症状はおさまったが、網膜がかなり痛めつけられたため、右目だけで見ると少しではあるが直線が歪んで見える状態で固定化されてしまった。(両目でみるとちゃんと補正されて直線は直線に見えるー人間の体は良くできていると思う)。

その後、しばらくして再発し数ヶ月で回復したが、これを契機に、この病気が加齢黄斑変性(失明にもつながる病気)を誘引する可能性もあるというので、1年に1度の検査を続けてきた。

それで先日再発が分かったというわけだ。

過労ということはないし、ものすごいストレスを感じているわけでもないが、ステロイド剤の副作用で発症することもあるようで、現在使用している喘息予防用の吸入薬がよくないのかもしれないということで、医師には必要最低限の使用にとどめるようにとアドバイスされた。

Index of all entries

Blog

Search

Return to page top