Top

イスタンブールでガラタサライの試合を見てきた

ガラタサライvsベンフィカ at トルコ・テレコム・スタジアム01

2月14日、UEFA ヨーロッパ・リーグのガラタサライとベンフィカ(ポルトガル)の試合を見てきた。

トルコにはもう数えきれないほど訪問している。以前にも書いたかもしれないが、自分にとってイスタンブールに行くことは、日本人が京都へたびたび行く感じに近いか?

ただ、京都ほど気軽に行ける場所ではないので、いざ行くとなるとそれなりのきっかけが必要。

で、今回のイスタンブール行きを直接後押ししてくれたのが、ガラタサライだ。長友が在籍していて、サポーターにもえらく人気だとか。

長友の試合はイタリアのインテルのときも2回見ている。何となく好きな選手だ。

ということで、ガラタサライの長友の活躍を見るということをメインの目的にトルコ旅行に行くことにした。

ガラタサライは人気チームでチケットが確保できるのか、という問題もあったが無事クリア(トルコのサッカーチケット購入についてはユニークなシステムが導入されているが、そのことについてはいずれまた書きたいと思う)。

キックオフは20時55分というとんでもない時刻。

実はトルコは2016年に夏時間を廃止しており、その際、以前の夏時間をそのままトルコ時間としたのだそう。ということで、相手チームベンフィカのあるポルトガルとは時差が2時間あり、テレビ放映の関係(早いとポルトガル人の視聴に不便)でキックオフが20時55分というとんてもない時間に設定されたと思われる(同じイスタンブールのフェネルバッチェがロシアのゼニトと行った試合のキックオフが20時だったので)。

試合開始がとんでもなく遅いので、スタジアムからの帰りの足も心配だが、スタジアムはメトロの駅からすぐなので何とかなるだろう(何とかなったーこれについてもいずれ本編で)。

さて、平日夜だが、ヨーロッパリーグの試合ということもあってかスタジアムはほぼ満員。それから、ヨーロッパリーグということでチケット価格はふだんのリーグ戦の倍くらいに設定されており、1番高い席は日本円で23000円くらい。自分が買ったコーナーの席でも9200円くらい。それでもこの集客なのだからびっくりだ。そして、ファン、サポーターの熱さたるや聞きしに勝るものだった。

日本だとホーム側のゴール裏のサポーターのみが声を出すという感じだが、両方のゴール裏がサポーターエリアで(アウェイ席はアッパー席の一部に設けられているだけ)そこでの盛り上がりがすごいのはもちろん、試合が始まるとほぼ全席の客が立って観戦を始めた。席は試合開始前、ハーフタイムのためにあるという感じ。

そして、メインスタンドの高い席の客も声を出す。審判が気に入らない判定をするとスタンドの360度から大ブーイングや指笛。

これだけ熱いサポ・ファンがたくさんいて、集客の心配がなければ、アウェイ客のことは考えなくてもよい。それでアウェイ席は申し訳程度に設けているということか?

また、チケットの販売開始は何と試合の3日前から。チケットの需要が大きいので、それぐらいの日程があれば十分売りさばけるのだろう。

試合は1-2で敗れてしまったが、日本では考えられないほどのスタジアムの熱狂が感じられてよかった。

明けましておめでとうございます

  • Posted by: オフ
  • 中国 |

201809アチェンガルゴンパ

明けましておめでとうございます。

今年もボチボチやっていきますので、よろしくお願いします。

写真は昨年9月に行った東チベット(中国四川省)のアチェンガルゴンパというところです。

ここは尼僧が沢山いる場所で、川の向こう側は尼僧の居住区域で男性禁制です。ちなみに写真に写っている僧侶は尼さんです。

標高は3800m以上あります。

アクセスもけっこう悪く、日本をたってから4日目にやっと着くことが出来ました。そんなに時間がとれないので、ほぼここだけのため(若干のプラスアルファあり)に旅に出ました。今年から外国人の立ち入りが禁止されるという噂もあったので。

一応、次の本編の更新はこの時の旅の記録でいこうと思っています。

入管法改正や水道法改正のこと

  • Posted by: オフ
  • 政治

久々のブログの更新なのに、こんなことを書かなければならないなんて(嘆)

入管法改正案が衆議院で強行採決されてしまいそうな状況だが。。。

現在の技能実習生制度を土台とするものらしいのだが、技能実習生制度では(1)最低賃金以下でも違反摘発はほぼなし、(2)セクハラパワハラ放置、(3)公的な救済機関はなく、受け入れ先から逃げたら入管法違反で捕まる。

この状態を放置したまま入管法が改正されようとしている(数の力で間違いなく通ってしまう)。

それでいいのか?

人権を守る仕組みを確立させず、ただ受け入れるだけ、まったくひどい国になってしまったものだ。

ところで、労働力不足がさけばれているが、財界の意図はなるべく日本の賃金水準を上げないというところにあるのだろう。

最低賃金をなるべく低いところで抑えて、そこに発展途上国からの労働者を受け入れて、さらなる賃金上昇を抑制する。

そして、もう一つの賃金上昇抑制策の柱になっていきそうなのが高齢者の雇用。政府は、働く意欲のある高齢者が働けるような仕組みをつくるという綺麗ごとを言っているが(その前に年金で暮らせるようにしろっていう話だが)、その高齢者の賃金は現役時よりも低いというのが現状のようだ(再雇用制を取り入れているところは多いが賃金が大幅に下がるのが普通のようだ)。

低賃金で働く外国人労働者、低賃金で働く高齢者、この2つは現役世代の賃金上昇を抑制する働きをすると思われる。というか、財界やその支援を受けている政府の意図はそこにあるのだろう。

それから水道法のこと。

このことは以前にも書いたが(やや不正確だったかも)、これも今週中に強行されてしまいそうだ。

改正の主眼は水道の民営化だ。

水道施設の老朽化、人口減少による水道料金収入の減少など水道の経営に苦慮する地方自治体が増えている。

その状態を何とかするため民営化を選択?(施設は地方自治体が所有ということだが)

民間企業は利益を生み出さなければならない。そのため値上げは必至。メンテナンスにお金をかけるのかという不安もある。なんせ水道は各地域で独占経営なので競争相手がいない。ということは消費者に一生懸命サービスをしなくても、消費者はそこから買うしかないのだ。たとえ水質が悪くなっても、料金がドット上がっても(料金の値上げには地方自治体が歯止めをかけることができるようになっているようだが、企業の値上げ要求を地方自治体は跳ねのけ続けることができるのか?)、消費者はその水を使うしかないのだ。

水道の民営化を実施した国では、上述のような問題が噴出して再公営化に踏み切っている(踏み切る動きを見せている)。

こんな大切な問題なのだが、ほとんど報道されない(最近テレビでちらほら扱われるようになったが遅い!)。

まったく、このままでは私たちの生活は壊されてしまう。ため息をつきながら生活していかなければならないのか?

勢いで書いた部分もあると思うので、不正確な内容があるかもしれません。お許しください。

北海道の大地震と電気2

  • Posted by: オフ
  • 未分類

先日、北海道の大地震と電気と題して、感じたことを少し書いたが、その後、今回の北海道全域におけるブラックアウトに関する報道や関連記事などが出てきて、それを見ると、やはり規模の大きな発電所に依存する体制は危ういということは確からしい。

また、津軽海峡をはさんでの本州と北海道間の電力融通体制もとても脆弱で、これを増強するには莫大なコストがかかるらしい。

今回の停電からの復旧で古いあまり規模の大きくはない発電所が大きな役割を果たしたが、今のところの大きな流れとしては、巨大出力を持つ発電所を建設してそれに依存する体制へ向かおうとしているということも、何となくわかった。

しかし、現在の北海道における電力供給のあり方が今回のブラックアウトを引き起こしたのであれば、根本から再構築してもらいたい。

今回のような事態が真冬に起きていたら、と想像すると本当に怖い。

北海道の大地震と電気

  • Posted by: オフ
  • 未分類

9月6日の未明、北海道の胆振地方東部を震源とする最大震度7の大地震が発生した。

札幌、東京往復生活を送っているが、地震の日、自分は東京にいた。

札幌の震度はマチマチだったが、実家がある区は震度6弱と、実際に経験すると精神的なショックの残るものだったと思う。

実家では食器棚が倒れて、たくさんの食器が破損したが、幸いそれ以外目立った被害はなかった。

ただ、今回は停電が長引き、実家の電話は電源がないと機能しないものだし、母親の携帯は充電切れということで、しばらく連絡ができなくなってしまった。

停電は地震があった地域のみではなく全道に及んだ。

震源地に近い厚真の火力発電所への依存が高く、そこが駄目になってしまったため、影響が全道に及んだということだ。

厚真の発電所の耐震構造や送電網などにも問題があり、また、本州からの電力の融通のシステムも脆弱のようだが(詳細は把握してません)、今回のことを教訓に北海道の電力供給システムを再構築する必要があると思う。

素人考えだが、大きな出力を持つ発電所への依存が一番の問題だと思うので(どこかの地域の電力供給をストップさせて全道的なブラックアウトを回避するというシステムを機能させるという方法もあるようだが、特定の発電所への依存度が高ければ、電力供給を止めなければならない地域を増やさざるを得ず、あまり良い方法とは思えない)、北海道各地に中・小規模の発電所を設けて(再生可能エネルギーを利用したものが理想的だと思う。また、札幌圏はある程度大きな発電所が必要かもしれないが)、電力の地産地消的なものを構築していくのがよいと思う。

北海道をいくつかのブロックに分けて、各地の電力はその近場で賄い、どこかのブロックで今回のような問題が発生した場合、ブロック間で電力の融通を行い(そのための送電網などの整備も必要か?)、急激に電力不足になるのを防止し、ブラックアウトを未然に防ぐのだ。

電力が利用され始めた明治後期、さらに大正期くらいまでは送電技術が未熟だったため、発電所と電気の消費地域は近接していた。送電技術が発達した結果、大きな発電所をどこかに設けて、そこから都市をはじめ、遠隔地に電力を送る形になっていったのだと思うが、また、昔のような形にもどるのは案外良い方法だと思う。ただ、発電技術は進歩しているので、明治後期・大正期と同じというわけではないと思う。

Index of all entries

Top

Search

Feeds

Return to page top