<目次>
 1.エシハで歩く(スペイン)(このページ)
 2.コルドバ(スペイン)
 3.アシラ(モロッコ)
 4.ヴォルビリスまで歩く(最後は走った)(モロッコ)
 5.ムーレイイドリスとメクネス(モロッコ)(予定)
 6.トルヒーリョ(スペイン)(予定)
 7.アルバラシン(スペイン)(予定)
 8.パトネス・デ・アリーバ散策後は長距離徒歩移動(少し走った)(スペイン)(予定)

  エシハで歩く(スペイン)

近年、定着しつつある梅雨時の日本脱出である。

<1日目>
仕事の調整が今一つうまくいかず、少しピンチだったが、2018年6月某日、成田発のイベリア航空便でマドリードへ。

乗り継ぎがなく、明るいうちにマドリードに着けるというのは大きなメリットだけれど、客室内の温度設定がかなり低くてきつかった。2014年にマドリードからアメリカのマイアミまで乗った時にはそこまで寒くはなかったのだが。

イベリア航空の客室の温度設定の低さは有名らしく、おそらく旅行会社から事前に情報が提供されているのだろう、団体ツアー参加者のなかにはジャンバーとかまるで冬に屋外活動をするのかというくらい重装備をしている人も。

自分は一応トレーナーは着ていたが、それでも厳しかった。けっこうすいていたので、隣の席のブランケットも使用して、なんとか寒さをしのいでマドリードへ。

マドリード到着後はアトーチャ駅近くのホテルで1泊。

<2日目>


旧アトーチャ駅の駅舎。この建物は現在駅としては使われておらず、かつてホームがあったスペースには植物園のような感じになっている。しかし、現在、大きな模様替えが行われつつあるという感じ。それにしても朝のマドリードは冷え込んだ。


この日はまず、8時30分発の高速鉄道(AVEとそれとはちょっと違うのがあるのだけれど区別がよくわかりません、この日利用したのはちょっと違う方)でコルドバへ移動。コルドバには定刻10時24分到着。

コルドバからは、バスでエシハという街へ移動するが、コルドバのバスターミナルは鉄道駅と道路1本隔てるだけのところにあるのでとても便利。

バスターミナルの電光掲示板を見るとエシハへ行くバスは12時15分までない。けっこう時間がある。マドリード発の列車のチケットはネットで買ったのだが、前売りのプロモーション価格がかなり得だったので、あまり考えずにポチってしまった。バスの時刻もネットで調べられたのだから、手順を踏んでおけばと思ったが後の祭り。

コルドバの街に出るほどの時間はないので、ちょっと早目の昼食をとったりバスターミナルでボーッとしたりする。

12時15分のバスはけっこう遅れて到着し、15分遅れの12時30分に出発。

エシハに行くことにしたのは、2014年にコルドバ-セヴィリア間をバスで移動した際、車窓から街の遠景を見て良さそうな感じがしたのと、ここを拠点に周辺のヒマワリ畑に自転車もしくは徒歩でアクセスできそうと感じたからである。



コルドバからエシハへ移動する際に現れた広大なヒマワリ畑(2014年の経験から進行方向に向かって右側の席を選択)。バスの車中からではなく、間近から広大なヒマワリ畑を眺めるというのが今回の旅の一つの目的。




この日のホテルの場所がわかるようグーグルマップをプリントしていったが、道の細かいところはわからないので、バスを降りた後、かなりあてずっぽうで歩いて行った。道が入り組んでいるので細い路地を歩くのは迷う原因となるのだが、大きな通りだけを歩くのは面白くないので、ついついこういうところを通ってしまう。幸い、この街の複雑さはそれほどでもなく、わりとすんなり予約しておいたホテルに着くことがた。




ホテルで、どこかで自転車をレンタルできないかと尋ねたが「売っているところならあるけれど」と言われ、徒歩で出かけることにした。で、まずは、塔が沢山立っている街の様子が見られる場所を探して歩き出した。う~む、もう少し高い位置から見たい。




どんどん歩いていくと、セヴィリアへ通じている一般道の横のこんな遊歩道みたい場所に出たので、そのまま進んでいった。




道の横には時々広大なヒマワリ畑が現れる。ただ、一面黄色という感じではない。




この辺のヒマワリは種を蒔いた時期が遅いのか、まだ咲き始めだった。アンダルシの6月にしては暑くはないのも一因か?




セヴィリアへ向かう道の左下には羊の群れが地。黄色い花はヒマワリ(花は向こう=東を向いて咲いており写っているのは花の裏側)。




さらに歩いていく。この先をもう少し歩いたところで、エシハへ引き返すことにした。ちなみに画面右側の黄色い花はヒマワリではありません。




エシハの街に戻る途中、丘の上にヒマワリ畑があるのを発見。近づいてみると花は3分咲きという感じだったが(写真の右下にちょっとだけ写っている)、さっきよりも高い位置から街を眺めることがでる場所に出た(長いレンズを持っておらず、かなり拡大しているので画質は今一つです)。



15時ころホテルを出て、かれこれ3時間ほど休まずに歩いた。日差しはきついが気温はそれほどではなかったので(ネット情報だと30度程度)、歩けてしまったという感じだろうか。2014年の6月にアンダルシアを訪れたときは30度代の後半だったので、あのときと同じ気候ではなかったのは助かった(しかし、あの年くらい暑かったら、今回は咲き始めたばかりだったヒマワリが満開だったかも)。



街歩きをしながらホテルに帰る。




アンダルシアのイメージ通りの花で彩られた白い街並み。



          

home

index

next