少しだけローマ


既に書いた通り、8時~8時20分頃チェックアウトと伝えたが、オーナー(ただの管理人?)のおじさん、7時40分すぎには来て、下で待っていた。

出発の準備はできていたし、あまり待たせるのも悪いので、7時55分ころ出発。

街を少し歩いてから駅へ向かう。



朝のチステルニーノ。同じような写真ばかりになってしまったが、それはチステルニーノ旧市街の実態を表していると思う。




チステルニーノ・チッタ駅。



8時20分ころ駅に着き、バーリまでのチケットを購入。しかし、マルチナフランカまではバス、マルチナフランカから列車になるという。言葉の問題もあって理由は不明。



レッチェ方面からの列車が到着したが、乗客は全員降車した。チステルニーノとマルチナフランカの間で何かトラブルがあるのか?



8時50分ころバスがやってきて、すぐに出発。かなり飛ばして、9時25分すぎにマルチナフランカ駅に到着。9時25分発のバーリ行きの列車は、この代行バスの乗客を乗せてから出発。

11時過ぎにバーリに到着。ここからは13時10分(だったか)の列車でローマに移動の予定だが、少し時間があるので、駅の荷物一時預かりに荷物を預け、バーリの街を歩く。


バーリの街中(駅前だったか?)で見かけた、SAYONARAという名前のバール。


駅で昼食をとり、ローマ行の列車に乗る。

17時すぎ、定刻より少し遅れてローマ・テルミニ駅に到着。
テルミニ駅では警察のみならす兵士までが警戒にあたっていた。以前はホームへの出入りは自由だったが、チケットコントロールも行われていた。テロ多発の影響だろうが、旅しにくい時代になってしまった。

ホテルに荷物を置き、テルミニ駅のセルフサービスのレストランで夕食をとる。レストランでの食事が高額になりがちなイタリアでセルフサービスのレストランは節約旅行者の強い味方だ。

夕食後、トレビの泉方面へ歩いて向かう。






日がだいぶ西に傾いてきた。




上の写真の場所から振り返ったところにある階段からは、遠くにバチカンのサン・ピエトロ大聖堂が。




トレビの泉でブルーモーメントをねらってみた。周囲は観光客でごったがえしていた。




来た時の道から再びサン・ピエトロ大聖堂。




テルミニ駅近くにあるホテルへの帰り道。遠くに見える塔はサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂のものだと思います。



イタリア入国6日目。ちょっとだけローマの街歩きをしてから帰国の途についた。



あちこちで「路面電車のある風景」を探して歩いているが、ここローマにも路面電車が走っている。ということで、コロッセオと路面電車の組み合わせをねらった。しかし、時間があまりとれず、古い車両も車が途切れるのも待つことができなかった。










この日の目的地はコロッセオ周辺ではなく、テヴェレ川を渡ったところにあるトラステヴェレ地区。古い橋(詳細は調べていません)を横に見ながら、テヴェレ川を渡る。




トラステヴェレ地区。ローマの下町ともいうべき地区で、いわゆる観光地とは違い、普段着のローマが感じられる場所だという。今回は下見という感じ。



                    終わり